ホントに必要?お中元やお歳暮をもらった時のお礼
毎年盆歳暮をもらったときにお礼をすべきなのか、お返しをするべきなのか迷うことがありませんか?お返しが不要だとしても頂いたものを無視することはできませんよね。そんな時はどうお礼を伝えればいいのでしょうか。またお礼を伝える手段として、電話・メール・礼状といったさまざまな方法があります。どの伝え方が一番いいのか知りたいという人もいると思います。

ここでは、お中元やお歳暮を貰った時のお礼について説明します。

お返しは必要?

一般的にお歳暮・お中元のお返しは不要です。

お歳暮やお中元は感謝の気持ちを贈り物として贈っているので、お返しをすると「お礼のお礼」になってしまいます。そのため、お返しすることは、必要とされていません。だからといって無視するのも気がかりですよね。

そんな時は贈ってきた相手にお礼の言葉を伝えましょう。お礼の言葉を伝えるだけでも、贈ってきた側の人は嬉しいものです。
 

お礼の伝え方

1つに限らず電話・メール・礼状など、お礼の伝え方はたくさんあります。しかし贈ってくれた相手が忙しい時に電話でお礼を伝えてしまうと迷惑になることもあります。またメールだと相手側が返事を返すのか悩ませてしまうかもしれません。そのため、最もいいお礼の伝え方は、礼状を書くことだといえるでしょう。電話やメールでも悪くはありませんが、お礼を伝える時は礼状をだすようにしましょう

いつまでに出すの?

贈った側は「ちゃんと届いたのか」「口にあったものだったのか」など色々と気にしてしまうものです。そのため礼状は、届いてから3日以内に礼状が届くようにしましょう。パソコンなどで礼状を書くこともできますが、手書きのほうが好印象をあたえることでしょう。手書きのほうが感謝の気持ちがこもっている礼状になり、贈った側の人も喜ぶことでしょう。

どうやって書くの?

親しい間柄や親戚の場合は、形式にとらわれずに感謝の気持ちと近況を伝えるだけでもいいでしょう。しかし目上の人や仕事の付き合いのある相手であれば、典型的な手紙の書き方が好ましいといえます。礼状のポイントは、以下の書き方です。

  1. 季節の挨拶
  2. 頂いた感謝の気持ち
  3. 自分の近況
  4. お世話になっているお礼
  5. 相手への気遣いの言葉
  6. 結びの挨拶で締めくくる

上記の書き方で礼状を書けば問題はないでしょう。書き方はある程度わかっているのに筆が止まってしまった時は、礼状の参考サイトなどもあるので見てみるのもいいかもしれません。
 

お返しをする場合

お歳暮やお中元は、感謝の気持ちを贈っているので一般的にお返しをする必要はありませんが、お返しをしても問題はありません。

お返しをするならば、頂いた品と同等額くらいの品を贈るようにしましょう。もし頂いたものより明らか高額なものを贈ってしまうと、「次からはお歳暮・お中元を贈らないでください」という意味になってしまいます。

お礼の気持ちを込めて、贈ってきた人に高額なものをお返ししたつもりでも、相手にとっては嫌な思いをさせてしまうこともあるので、お返しをする時は頂いたものと同額くらいのものを贈るように意識しましょう。
 

おわりに

基本的には、お歳暮やお中元のお返しをする必要はありません。しかしそのまま無視するのも申し訳ないという人は礼状を書くようにしましょう。礼状は頂いた日から3日以内に書くことがいいといえるでしょう。基本的にはお返しをする必要はありませんが、お返しをしたいという人は、頂いた物と同額くらいの物を贈るようにしましょう。

頂いたものより高額な物を贈ってしまうと「次から贈り物はいりません」という意味になってしまうので気をつけましょう。