知っておくと便利!お歳暮やお中元で使われる金額詳細
お歳暮やお中元を送りたいけど何を贈ればいいかわからない、どれくらいの金額のものを買えばいいのかわからないといった方も多いはずです。両親や親戚だけでなく、目上の人などにも感謝の気持ちを伝える贈り物だからこそ失敗したくはないものです。よく贈り物として贈られている物や平均の金額を把握しておくといいでしょう。

ここでは、一般的に贈られている物や使われている金額について紹介します。

贈る物の選び方

お歳暮とお中元、毎年何を贈ろうか悩むことはありませんか?そんな人は季節の物を贈ってみてはいかがでしょうか。お歳暮とお中元とで時期が異なり、お歳暮は冬、お中元は夏です。

またお酒の苦手な人にお酒を贈ったり、和菓子の苦手な人に和菓子を贈ったりするのは良くないといえるでしょう。贈る前に先方の好みを把握しておくといいでしょう。そして先方の家族構成を意識して贈り物を選ぶと喜ばれることでしょう。
 

人気の贈り物

お歳暮とお中元とでそれぞれ人気の贈り物があります。人気の贈り物を相手に贈るのもいいでしょう。また人気の贈り物を把握しておくことで参考になることでしょう。

お歳暮

お歳暮の時期は冬ですので、人気の贈り物としては鍋料理に使えるカニやフグといった海産物が多いです。他にもお正月に大勢で食べることのできるハムなどの肉類も人気があり、ビールや果物などは一定の人気があります。また食べ物や飲み物に限らず、商品券も人気があります。

お中元

お中元で人気の贈り物は、夏にぴったりのビールや清涼飲料水が多いです。またミネラルウォーターも近年人気があります。その他にも、そうめん・うどん・すいか・メロン・マンゴーといった夏の風物詩といえる贈り物が人気です。
 

贈ってはいけない物

お歳暮やお中元は、感謝の気持ちがあれば何でも贈っていいなんてことはありません。何も知らずに贈った物が縁起の悪いものだったら先方が嫌な思いをすることでしょう。贈る側、贈られた側が嫌な思いをしないように贈ってはいけない物を把握しておきましょう。

クシ

クシは数字で書くと「94」になります。4は「死」を意味し、9は「苦」を意味します。4と9が語呂合わせになっているものは縁起の悪い物とされています。そのため、4と9の語呂合わせ担っているものは贈ってはいけません。クシをお歳暮やお中元で贈らないように注意しましょう。

ハンカチ

ハンカチは一般的に、贈り物として思われがちです。しかしハンカチは日本語で「手切れ」を意味します。手切れとは、「もう二度と会いたくない」「さようなら」という意味が込められているため、お歳暮やお中元に限らずプレゼントとしてもおすすめしないものです。本当は贈っては行けないものとして覚えておきましょう。
 

平均的な金額

お歳暮とお中元による贈り物の金額は、それぞれ3,000~5,000円程度が一般的です。少人数の家族には量より質のいいものを、大人数の家族には大勢で召し上がれるもの・楽しめるものを選ぶようです。

しかしこんなにお金をかけられないというひともいると思います。目上の方だけに、少し高額な物を選ぶということもいいでしょう。贈る相手によって贈る物をかえるのも安く済ませる一つの手でもあります。
 

おわりに

一般的に贈り物の金額は3,000~5,000円ほどです。あまりお金を掛けたくないという人は、目上の方だけに少し高額なものを選ぶようにしましょう。

贈るものはなんでもいいというわけではなく、贈っていいものと贈ってはいけないものがありますのでしっかり把握しておくようにしましょう。クシやハンカチなどは一般的に贈り物として思われがちですが、本当は縁起の悪い贈り物なのです。また、お歳暮とお中元の季節に合わせて贈り物を選んでも喜ばれることでしょう。