麺類は、お中元とお歳暮による贈り物ランキングで1位になるほど人気があります。お中元とお歳暮とで同じ麺類を贈るのではなくお中元とお歳暮で種類の違うものを贈るほうが先方にとっては嬉しいことかもしれません。

お中元とお歳暮とで時期が異なるため、その時期にぴったりの麺類を贈ることがいいといえるでしょう。またどちらも同じものを贈りたいという人は、夏と冬両方でよくたべられる麺類を贈るといいかもしれません。

ここでは、お中元とお歳暮とで贈るおすすめの麺類を紹介します。

お中元におすすめの麺類

お中元、お歳暮で喜ばれる「麺類」

お中元は7月にあり、時期は夏の最中です。冷たい麺類が食べたくなる季節ですね。夏の麺類といったら何が思い浮かびますか?ここでは夏にピッタリの麺類をいくつか紹介します。

そうめん

夏の麺類といったら、真っ先にそうめんが思い浮かぶことでしょう。茹でたそうめんを冷水や氷水で冷やし、めんつゆで食べることが主流となっています。またそうめんには、緑・ピンク・オレンジといった色のついたそうめんがあります。色のついたそうめんを贈るのもいいかもしれません。

中華麺

そうめんに続いて、冷やし中華は夏の定番の麺類料理といえるでしょう。また冷やし中華のみならず、中華麺は冷やし担々麺・冷やしラーメンなどにも使うことが出来、料理のバリエーションも豊かです。

そば

茹でたそばを氷水や冷水で冷やし、めんつゆで食べることが夏のそばの食べ方として知られています。しかしそばを贈るのには一つ注意点があります。先方にそばアレルギーの人がいないか把握しておきましょう。

うどん

夏のうどんの食べ方は、やはり冷やしうどんでしょう。うどんにはたくさんの種類があり、冷麦・素麺・きしめんなどがあります。お中元とお歳暮で違う種類のうどんを贈っても喜ばれるかもしれません。

お歳暮におすすめの麺類

お中元、お歳暮で喜ばれる「麺類」

お歳暮の時期は冬で、温かい麺水が食べたくなる季節です。また時期的にもお正月などのイベントも近いため、そのことを考えて贈るのも一つの手と言えるでしょう。ここでは、冬にぴったりの麺類をいくつか紹介します。

中華麺

中華麺は何にでも役に立つことでしょう。味噌・醤油・とんこつラーメンやちゃんぽんにも使うことが出来ます。また最近では鍋料理のあと締めとしてラーメンを入れて食べることも多いです。冬に合う麺類といえるでしょう。

そば

お歳暮はお正月が近い時期にあります。お正月といえば年越しそばが思い浮かぶことでしょう。そのためお歳暮に、そばを贈ることは最適かもしれません。しかしそばアレルギーに注意して贈るようにしましょう。

うどん

先ほど冷やしうどんを紹介しましたが、どちらかと言えばうどんは温かい食べ物として食べることが多いのではないでしょうか。また鍋料理の締めとしてうどんを食べるという人も多いことでしょう。

どちらにも合う麺類

お中元とお歳暮とで同じものを贈りたいという人はどちらにも合う麺類を贈るといいかもしれません。

  • 中華麺
  • そば
  • うどん

上記の3つがどちらにも合う麺類と言えるでしょう。これらの麺類は夏と冬のどちらもよく食べられている麺類です。これらの麺類を贈っても喜ばれることでしょう。

おわりに

お中元やお歳暮で麺類を贈るのであれば、時期を考えて贈ることも一つの手と言えるでしょう。例えば夏の行事であるお中元にはそうめん、冬の行事であるお歳暮にはうどんなどそれぞれ違うものを贈ってあげると喜ばれることでしょう。またどちらも同じものを贈りたいのであれば、中華麺・そば・うどんのどれかを贈るといいでしょう。しかしそばはアレルギーを持っている人もいるので、贈る相手にアレルギーがないか把握して贈るようにしましょう。